【特定技能制度開始】

ウェル国際技能協力センターは2019年4月から始まっている「特定技能」外国人の受け入れを支援する機関(登録支援機関)として、出入国在留管理庁に申請中です。

特定技能とは

在留資格「特定技能」とは2019年4月から導入された新しい資格で、深刻な人材不足と認められた14の業種に外国人就労が解禁されました。

登録支援機関とは

受け入れ企業から委託を受けて特定技能外国人の支援計画の作成・実施を行う機関です。 委託業務の例として・・・

  • ・空港から受入企業までの送迎
  • ・住まいの確保
  • ・外国人からの苦情、相談窓口
  • ・転入手続きや在留資格申請など行政手続きの支援
  • ・外国人が怪我や事故にあった場合や緊急時など医療機関への同行等必要な支援

特定技能外国人受入可能職種

  1. 介護
  2. 外食
  3. 宿泊
  4. 農業
  5. 建設業
  6. 造船、船用工業
  7. 航空業
  8. 漁業
  9. 素形材産業
  10. 電気電子、情報関連産業
  11. 自動車整備業
  12. ビルクリーニング
  13. 飲食料品製造業
  14. 産業機械製造業

特定技能1号と特定技能2号の違い

特定技能1号とは即戦力となる人材を受け入れるための在留資格で、最大5年間、上記の業種で就労することが出来ます。特定技能1号で来日するためには、母国で日本語検定試験N4に加え、受入職種ごとの知識・技術に関する試験に合格することが必要です。
 一方特定技能2号は基本的には特定技能1号修了者がその次のステップアップとして進む在留資格で、熟練レベルの能力を持つ人材の確保を目的としています。
  現在は特定技能1号が認められている14職種のうち、建設と造船の2業種だけが特定技能2号の対象になっています。特定技能2号の取得者は期間更新に制限がなく、永住の要件である日本滞在10年及び就労系資格5年の要件をクリアする可能性が出てきます。
  家族の帯同も要件を満たせば可能となります。

「特定技能」外国人について詳しくはこちら

法務省資料
ウェルグループ資料

  



介護技能実習生16名の入校式を執り行いました!

1月23日(水)、大阪市のウェル生野研修センターにて、【ウェル国際技能協力センター】にて受け入れた介護技能実習生16名の入校式を執り行いました。
ベトナムより来日した16名は女性12名、男性4名で、緊張した面持ちの中にやる気が溢れていました。
奈良県内の介護施設としては初めての受入という事もあり、日経新聞社、奈良テレビ放送、シルバー産業新聞社、奈良日日新聞社とマスコミの取材も来て下さいました。
実習生を受入れてくださる介護事業所の施設長や部長もご来賓として参加下さり、待ちに待った実習生の来日に喜んでくださいました。
実習生16名は、まずは2ヶ月間ウェル生野研修センターにて入国後講習として、日本語と介護技術をしっかり学習します。
3月には奈良、神戸、三重の介護施設にそれぞれ配属となり、介護現場にて実習を開始します。
ウェル国際技能協力センター・ウェルケア協同組合では、ベトナム・中国・インドより既に150名の介護技能実習生の内定が決まっており、今後随時入国、研修を行って参ります。
実習生達が日本の介護業界にて活躍できるように、しっかりと教育・支援をしていきたいと思います。


  



介護人材1万人受け入れ、日本政府とベトナム政府で合意!
ウェルグループ、優良法人(12社のみ)として日本政府より選定される!

介護分野の深刻な人手不足の解決策として、日本政府はベトナム人技能実習生の受け入れに数値目標を立てて、本格的に動き出した。
但し、人的サービスである介護分野での受入れは、日本語教育、介護技術教育等で、専門的な知識や実績も必要とされる。
そこで、まず6月にベトナム側で、教育体制が整った送り出し機関が6社認定された。
次いで日本側で、日本の介護保険の基本理念でもある「自立支援」を教育できる12社が選定された。その12社の中に、ウェルグループも選定頂いた。

介護人材の育成システムを自ら作り実践してきたノウハウを国に認めて頂いたのは非常に嬉しいことである。と同時に、大きな責任感を感じている。
今後、日本の介護業界において、技能実習生の受入を成功させる為に、より一層努力を積み重ねてまいります。
詳しくはコチラ


  



医療・介護事業 20年の実績

介護事業所への技能実習生受け入れなら、お任せください。

当組合の母体であるウェルグループは介護・医療・健康を柱に、20年以上にわたって 地域に根付いた事業を行ってまいりました。奈良県下最大の介護老人保健施設ウェルケア悠をはじめ、各種介護施設やクリニック、リハビリ施設を設置しています。 グループ内介護施設でも、多くの外国人介護スタッフが働いています。その実績と経験に基づいて、介護事業所での技能実習生受け入れをサポートします。

当組合の取り組み

徹底した配属前講習

日本語教育はもちろん、 介護をはじめとする技能の事前講習も行います。

充実した配属後教育

介護教育と日本語教育の 教育システムをご提供。 技能検定・日本語能力試験の 対策も万全です。

安心の管理体制

ITを活用した実習生管理で 日報の作成や勤怠管理、 生活管理がスムーズに行えます。

建設、農業、食品加工など、他業種での受け入れも行っています。

現在、37職種64作業での技能実習生の受け入れが可能です。 当組合では主に、建設関係(建築大工、配管など)、農業(耕種、畜産)、食品製造(惣菜、パンなど)を取り扱っております。 もちろん、それぞれの職種にあわせた日本語教育・技能検定対策を行います。

対象職種一覧⇒(PDF)